サイトマップ  文字サイズ:
 

医療相談室  看護相談室  セカンドオピニオン外来  がん相談支援センター  栄養相談室 

 



医療相談室では、相談員や退院調整看護師が、患者様の転院、在宅療養、医療費などの相談について、情報提供を行い、また、関係機関との連絡調整を行っています。
専門職として、他施設等と連携を図り、患者様とご家族様が望む療養生活をお過ごしいただけるように支援いたします。お気軽にご相談ください。

各種医療制度に係る相談及び支援に関するご相談
・各種病院への転院について   ・介護施設等への入所について
・医療費等の経済的問題について ・福祉事務所との連絡調整等について

医療相談係3人(社会福祉士を含む)

在宅療養支援に関するご相談
・ケアサービス、ケアマネージャーとの調整について
・かかりつけ医、訪問看護ステーションの紹介、連携について

退院調整看護師4人

相談受付

■ご相談を希望される方は、下記によりお尋ねください。
・外来の患者様:担当医師または外来看護師
・入院の患者様:病棟の看護師長







※ お気軽にお声を掛けてください。


※平成25年2月1日現在




正面玄関入って直ぐに設置している総合医療相談窓口において、看護に関わる様々な問題等に丁寧に対応を行っています。
相談内容によって、専門の担当者へ対応を依頼します。相談者の症状やその症状から、受診科相談を行います。病気やケガにより生じた不安や心配事など、様々な疑問や問題についてお手伝いさせていただきます。  

相談内容
・看護や介護に関すること ・診療、治療に関すること ・医療、福祉に関すること
・医療安全に関すること  ・お薬や栄養に関すること 
・何科に受診したらいいのかわからないなど


相談方法

直接窓口にお越しください。
お電話による相談もお受けしています(8:30~14:30)
048-873-4111で交換手に総合医療相談窓口とお伝えください。
相談対応時間 平日8:30~14:30
担当者 看護師1名




セカンドオピニオン外来とは

主治医以外の医師の意見を聞くことにより、患者様自身が治療方法を決定するのに役立てていただくものです。そのためセカンドオピニオンでは、治療・検査等は行わず、患者さんがお持ちになった診療情報提供書、レントゲンフィルム等の資料をもとに、当院の専門医が意見を申し上げます。


セカンドオピニオン ご相談までの流れ


相談の対象となる方
患者さんご本人の相談を原則とします。やむを得ず患者さんご本人が来院できない場合は、相談同意書をお持ちになれば、ご家族(親、子供、配偶者)だけでも相談可能です。また、患者さんが15歳未満の場合には必ずしも相談同意書を必要としませんが、続柄を確認できる書類(健康保険証など)をお持ちください。


セカンドオピニオンをお受けできない場合

  1. ご本人・ご家族以外からの相談。ご家族でもご本人の相談同意書をお持ちでない場合。

  2. 主治医に対する不満、医療過誤および裁判係争中の問題に関する相談

  3. 医療費、医療給付にかかわる相談

  4. 死亡した患者様を対象とする場合

  5. 特定の医師・医療機関への紹介を希望されている場合

  6. 相談領域に対応できる専門医がいない場合

  7. セカンドオピニオン外来相談時に、当院での診察・治療など診療行為を希望される場合

  8. 主治医からの診療情報提供書、相談に必要な資料(レントゲンフィルム、検査データなど)をお持ちでない場合


セカンドオピニオン外来の予約
完全予約制です。下記の、ご相談までの流れをご参照の上、さいたま市立病院医事課(直通電話:048-873-4168、受付時間:平日9:00~16:00)にお申し込み下さい。 申込書を受理後、担当医と調整のうえ、相談日時のご連絡をいたします。

相談時間と相談料金
原則30分 10,800円(消費税込み)
最大60分 21,600円(消費税込み)

※健康保険は適用されず全額自費(自己負担)となります。相談料金は、相談終了後に会計窓口でお支払いいただきます。


セカンドオピニオン外来の担当医
お申し込みの相談内容について、診療科責任者(部長や科長など)が判断し、相談の可否を決定させていただきます。診療科責任者が疾患の専門性を考慮して、担当する医師を決定いたします。


セカンドオピニオン外来に必ず持参して頂くもの

  • セカンドオピニオン外来申込書(別紙様式1、ダウンロードできます。)

  • 相談者を確認できる健康保険証や免許証、など

  • 主治医からの診療情報提供書(紹介状)

  • 検査資料(レントゲンフィルム、検査データなど)
    (注意・・・必要に応じて、診療情報提供書、検査データ等の資料を事前にご持参またはご郵送いただくことがございますので、ご了承ください。)

  • ご本人が来院できず、ご家族だけで相談を受けられる場合は、セカンドオピニオン外来相談同意書(別紙様式2、ダウンロードできます。)

 ● セカンドオピニオン外来申込書(15KB)(PDF文書)
 ● セカンドオピニオン外来同意書(10KB)(PDF文書)




「自分は『がん』にはまったく関係がない」と思っていた人が、
ある日突然『がん』と知らされて驚かないはずがありません。
あれほど自分の身体には気をつけていたのに、あれほど健康には自信があったのに・・・・。一体、何をどうすればよいのか・・・・?と言うよりも、自分は「何がわからないのか」がわからなくなるのではないでしょうか。
そして、少し落ち着いた時には、ご自分の病気の最良の治療法とは何なのかを知りたいと思われるのではないでしょうか。実際に、がん患者様の中には、ご自分の病気に関する情報を集めたり調べたりしようとなさる方がたくさんいらっしゃいます。

そんながん患者の方やご家族の方の不安や心配をなくすために、
がんの相談室(がん患者相談支援室)として『がん相談支援センター』を開設いたしました。がん患者様やご家族からのご相談に応対できるよう認定看護師を専任として、ご相談の内容に合わせてその分野の専門家がお答えします。
病気の治療や検査、療養や痛みの治療のご相談など、不安、疑問や心配なことについて、ご相談ください。なお、医療過誤・医療訴訟に関する事、医療費・医療給付に関する事、などに関する相談はお受けできません。

対象の方 がん患者様ご本人、およびご家族です。

相談方法

面談による相談
完全予約制です。まずはお電話にてご予約下さい。
院内での予約は総合医療相談窓口(8:30~14:30)で承ります。

電話相談
048-873-4111で交換手にがん相談とお伝え下さい。
相談対応時間 平日8:30~17:00
担当者

【 室長 】 窪地 淳(副院長、消化器がんの手術、緩和医療)
【 副室長 】 出田文子(副看護部長)

【 医師 】冨永 紳一(放射線科部長、放射線治療)/ 仙波 純一(精神科部長、総合心療科)/ 渡辺 卓郎(内科科長、血液内科)/ 忍田 純哉(麻酔科部長、緩和ケアチーム)/ 馬場 秀雄(外科科長、消化器外科)

【 看護師 】 斉藤 圭子(緩和ケア認定看護師、がん対策情報センター研修修了)川上 百里子(緩和ケア認定看護師、がん対策情報センター研修修了)/ 原 朋子(がん化学療法看護認定看護師)/ 茂木 和子(がん性疼痛看護認定看護師、がん対策情報センター研修修了)/ 井野 口宏美(退院調整など)

【 薬剤師 】 中村 昌司(がん薬物療法認定薬剤師)/ 石岡 浩之 / 林 俊介

【 社会福祉士 】 藤賀 美枝子

※私たちさいたま市立病院は、2007年1月31日厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」に指定されています。


■ がん患者サロン「はなみずき会」開設のお知らせ
「がんを持っている他の方とお話してみたい」「おしゃべりをして気持ちをやわらげたい」と感じられたことはありませんか?
当院は地域がん診療連携拠点病院として患者さまとご家族の気持ちをサポートするためにがん患者サロン「はなみずき会」を開設します。はなみずきの花言葉「私の想いを受けてください」のように、患者さま、ご家族の想いを受け止めたいと願い名前をつけました。
お茶を飲みながら、他のがん患者・家族の方と情報交換をしたり、お話をしてみませんか?

対象 がん患者さんおよびご家族(当院での受診の有無は問いません)
日時 毎月第2金曜日 13時〜15時(出入り自由)
ミニレクチャー予定表(PDF:279KB)
場所 サービス棟2階第2会議室
申込方法 事前申し込み不要 ※当日サービス棟会議室においでください
参加費 無料
お問い合わせ さいたま市立病院  048-873-4111(代表)




栄養相談は予約制です。主治医の指示のもと、お受けしています。

相談時間

月~金曜日(年末年始、祝日を除く)
10:00~12:00、14:00~16:00
所要時間:30分

担当者 管理栄養士4名


| リンク | プライバシーポリシー 

 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.