サイトマップ  文字サイズ:
 
     
 

【研修目標】
内科診療を――どの専門領域を専攻するにしても――行うにあったって、脳神経領域の問題は必ず生じてくる。これらに対処するために、必要な神経内科学の知識を習得すること。その知識を運用するための神経学領域の診察技術を学び、また必要な検査の適応やその結果の解釈などにも精通することを目標とする。
実際には、脳梗塞の診断・治療を単独で行えることを第一の目標とし、その他の神経疾患や、内科疾患における神経内科的問題を適切に抽出し、必要に応じて専門医へコンサルトすることが可能となることを併せて目指す。

【当科の特徴】
当院はさいたま市内の主たる救急医療機関としての役割を担っている。その中で、神経内科として独立して標榜科を掲げている。このため、神経内科領域の急性期疾患を中心に受け入れつつ、病診連携などを図りながら、専門性の高い診療を提供している。

【スタッフ紹介】

部長 佐藤 秀樹 日本内科学会総合内科専門医・認定内科医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本臨床神経生理学会認定医(筋電図・神経伝導分野)
医長 此枝 史恵 日本内科学会総合内科専門医・認定内科医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本臨床神経生理学会認定医(筋電図・神経伝導分野/脳波分野)
医長 大島 一巳 日本内科学会認定内科医


【施設認定】
 ・日本神経学会 准教育施設
 ・日本脳卒中学会 認定研修教育病院



【研修内容】
外来業務
救急当番を3~4コマ(各日午前午後でそれぞれ1コマ)を担当。かかりつけ医からの依頼、ないしは救急科・各科救急当番からの依頼を受け、患者の初期対応・診療に当たる。
病棟業務
神経内科への入院患者を主治医として担当、治療方針の立案、患者・家族への説明、退院調整などを含めて診療を行う。
目標とする習熟度:疾患について
脳梗塞・痙攣重積など救急外来で緊急を要する病態に対してイニシアチブをとって診断・治療を進めることができる。また、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症クリーゼ等の神経救急疾患に対して初期対応が可能となる。
目標とする習熟度:検査・処置について
神経学的所見を正確にとることができる。
頭部CT・MRIについては、オーダーの適応や画像所見の理解ができる。頚部血管超音波検査、脳波検査、筋電図検査などについてもその適応や結果の理解ができるように努める。さらに、腰椎穿刺は単独で実施することができ、かつ研修医へ指導することもできる。


【週間予定表】


午前
病棟 病棟

救急当番
病棟

外来 生理検査
午後 救急当番病棟 超音波検査

病棟
病棟回診

生理検査

救急当番
病棟

夕~

リハビリカンファレンス

新入院症例カンファレンス

  総合内科カンファレンス

超音波カンファレンス

院内CPCなど

病棟回診

病棟カンファレンス

 

 

| リンク | プライバシーポリシー 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.