サイトマップ  文字サイズ:
 
     
 

【研修目標】
内分泌・糖尿病領域の疾患の診断・治療・管理に関する知識、技術を習得する。まず糖尿病の診断、管理について必要な十分な知識と経験を得ることを目標とする。指導医による指導のもと、主として2型糖尿病について主治医として診断から慢性期の治療、合併症の管理にあたる。また1型糖尿病症例についても、糖尿病学会専門医の指導のもと診療にあたる。また内分泌疾患については比較的頻度の高い甲状腺機能亢進症・低下症などの甲状腺疾患の症例を中心に診断・治療を経験する。さらには、緊急での対応が必要な糖尿病ケトアシドーシス、高血糖後浸透圧症候群、急性副腎不全、粘液水腫昏睡、甲状腺クリーゼなどの症例を経験し初期対応を習得する。
これらの研修を通じて、総合内科医として、common diseaseである糖尿病の管理や患者教育を実践でき、専門医にコンサルトすべき状況を判断できるようになることを目標とする。また比較的遭遇頻度の高い内分泌疾患についても診断に際して必要な検査を取捨選択し、また治療の概要を理解し、必要に応じて適切に専門医にコンサルトできるようになることを目標とする。

【当科の特徴】
地域の基幹病院として非常に豊富でバリエーションに富んだ糖尿病症例や甲状腺疾患の症例を診療している。糖尿病については日本糖尿病学会認定専門医の指導のもと、糖尿病教育入院のほか、急性代謝失調による緊急入院、周術期の症例や妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠の管理など糖尿病の様々な病態を経験することができる。CSIIやSAP(持続皮下インスリン注入療法)にも対応している。また内分泌疾患の負荷試験による診断なども行っており、内分泌疾患の緊急入院症例も経験可能である。症例数としては少数ながら副腎疾患、下垂体疾患、副甲状腺疾患の症例も診療している。

【スタッフ紹介】

科長 田坂 祐司(腎臓・内分泌代謝)  


【施設認定】
 ・日本糖尿病学会認定教育関連施設

【週間予定表】

午前

10:30

併診回診

10:00
病棟糖尿病教室(前半)

糖尿病の病態と合併症

10:30
併診回診

 

 

10:30

併診回診
午後      

13:30 (隔週)
糖尿病カンファレンス

14:00
病棟糖尿病教室(後半)

Sick day rule,低血糖への対処法
夕方    

17:30
病棟カンファレンス

18:00
総合内科新入院カンファレンス・抄読会

   


【研修内容】

入院患者の担当医、主治医として、また他科入院症例の併診症例について指導医の指導のもとで、患者の診察、診断、治療、指導などを行う。同時に初期研修医の指導にあたる。
糖尿病カンファレンス(隔週木曜日)、院内のカンファレンスなどへ積極的に参加し、指導を受ける。糖尿病教育入院患者の担当を通じ、糖尿病合併症、食事療法、薬物療法、インスリン療法などへの理解を深める。周術期患者の血糖コントロールについて習熟する。
※なお内科共通のカンファレンスとして病棟の新入院患者カンファレンス(毎週水曜日)があり、月1回程度抄読会も行っている。月・水・金曜日は非常勤糖尿病専門医の下で受け持ち患者や併診患者の回診を行っている。
日本糖尿病学会・日本内分泌学会総会や地方会、講演会への参加を通して糖尿病・内分泌・代謝の診療について最新の知識を得るとともに、日本内科学会地方会や日本糖尿病学会・日本内分泌学会地方会での症例発表なども行う。

 

 

| リンク | プライバシーポリシー 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.