サイトマップ  文字サイズ:
 
     
 

【研修目標】
主治医として呼吸器科スタッフの指導のもと診療にあたる。呼吸器全般の基本的診断・治療法ならびに手技を習得し、コミュニケーションスキルの修養を行う。研修修了時には呼吸器分野の診療において、総合内科医として的確な診断と治療法が選択でき、患者関係を良好に構築し、下級レジデントへの指導も行えるようになることを目標とする。

【当科の特徴】
地域の基幹病院として幅広い呼吸器疾患の診療を行っている。肺癌、呼吸器感染症、気管支喘息、COPD、間質性肺炎、気胸、慢性呼吸不全など、呼吸器臨床に必須の症例を豊富に経験することが出来る。また近年社会問題化している肺結核についても入院施設を有し、結核診療を研修できるさいたま市内唯一の施設である。

【スタッフ紹介】

科長 舘野 博喜 日本呼吸器学会認定専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本禁煙科学会認定上級支援医
医長 吉田 秀一 日本呼吸器学会認定専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
医師 浅見 貴弘 日本呼吸器学会認定専門医
日本内科学会総合内科専門医


【施設認定】
 ・日本呼吸器学会認定施設
 ・日本呼吸器内視鏡学会認定施設



【週間予定表(例)】


午前
病棟 病棟 病棟 病棟 レクチャー
午後 気管支鏡 カンファ 気管支鏡 外来 病棟


【研修内容】
呼吸器解剖・病理学的知識に裏付けられた読影能力の育成。結核を含めた呼吸器感染症の診断と治療。慢性呼吸不全のマネージメント。肺癌患者に対するインフォームド・コンセント、病状評価、化学放射線療法、緩和治療、看取り。気管支鏡検査(気管支肺胞洗浄、経気管支的肺生検(EBUS-GS)、EBUS-TBNAなど)。胸腔穿刺・胸膜生検、胸腔ドレーン挿入によるドレナージや胸膜癒着術。気管挿管、各種人工呼吸器および非侵襲的陽圧換気(NPPV)、Nasal High Flowの操作ならびに呼吸管理技術の習得。手術適応症例の担当になった場合、転科後の呼吸器外科手術を見学することも積極的に推奨する。希望者は禁煙外来の指導を受けることも可能。新入院症例カンファレンス・気管支鏡カンファレンス(週一回)、呼吸器モーニングレクチャー(週一回、当番制)、日本呼吸学会総会、講演会等に積極的に参加して最新の知識を得るとともに、文献的考察法およびプレゼンテーション技術を習得する。内科学会地方会、日本呼吸器学会地方会等において一例以上の症例報告をおこない、研修終了までに論文作成をおこなう。

 

 

| リンク | プライバシーポリシー 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.