サイトマップ  文字サイズ:
 
     
 

さいたま市立病院は、地域の基幹病院として、急性期医療を中心に高度な医療を提供するという使命・役割を担っています。そのためには、手術を中心に集中治療などの舞台での麻酔科医の活躍が不可欠であり、また優秀な麻酔科医を育成することも重要であると認識しています。当院の診療内容はあらゆる科・臓器・患者年齢にわたっており、麻酔の研修に不足や偏りを全く感じさせません。また、大学病院などと違い、当院は後期研修医ひとりあたりの担当症例数が圧倒的に多く、また後期研修医ひとりあたりの指導する専門医数も多いという特徴、利点がありますので、麻酔科研修にとっておおきなメリットであると考えています。将来、麻酔科医として様々な分野で存分に実力を発揮したいと考えているみなさんには、その下地となる麻酔での全身管理・安全管理を学ぶには最高の環境が整っていますので、ぜひ、我々と一緒に切磋琢磨していきましょう。

詳細は「さいたま市立病院麻酔科専門研修プログラム」 をご覧下さい。

4年間とします。慶應義塾大学病院および東京都立小児総合医療センターの2施設を関連施設として連携しています。4年間のうち、関連施設を1年~1年半ローテートします。

1.当院研修プログラムの特徴
  • 救急医療を積極的に推進しており、循環器・心臓外科や脳神経外科を含めた緊急手術の麻酔管理の研修が可能です。
  • NICUを完備した周産期センターを併設しているので、ハイリスク妊娠患者の麻酔管理(帝王切開)から、低体重の新生児麻酔(小児外科あり)まで研修可能です。
  • がん診療拠点病院でもあるので、高齢者の管理を含め、がん関連の症例からも学ぶこと(疼痛管理も含めて)は多いです。
  • 地域の高齢化もあり、骨折等の整形外科手術も多く、エコーガイド下神経ブロックの習得にも有利です。

2.プログラム概要 〈例〉

1年目
2年目 3年目 4年目
さいたま市立病院
さいたま市立病院 慶應義塾大学病院
(移植,ペイン,集中治療など)
●東京都立小児総合医療センター
(6ケ月)(小児心臓,小児ICU)
●さいたま市立病院(6ケ月)
  • 麻酔科研修医がまず最初の4年間でなすべきことは、手術室での麻酔を安全・確実に行えるようになることとの考えから、当院での研修は手術室での麻酔が中心となります。それに研修内容・進行状況に応じて、ICUでの活動を加えていくという形になります。
  • 当院では、小児心臓手術、小児ICU、移植手術の麻酔管理の研修は行えません。麻酔科専門医を取得するためには、上記診療は実績として必要ではありませんが、麻酔科医として幅広い経験を積んでいただきたいとの考えから、関連研修施設をローテートしていただき、当院にはない小児心臓外科,小児集中治療,および移植手術等の麻酔を集中して研修していただきます。

3.その他の研修
  • 麻酔科当直、オンコール
  • 麻酔科術前診察・説明
  • 日本麻酔科学会や日本集中治療医学会を中心とした学会での発表や論文著作活動
    <麻酔科後期研修担当>
    忍田 純哉 診療科責任者:日本麻酔科学会専門医・指導医
    橋内 章 日本麻酔科学会専門医
    中村 教人 集中治療科科長:日本麻酔科学会専門医・指導医、日本集中治療医学会専門医
    佐久間 貴裕 日本麻酔科学会専門医・指導医、日本集中治療医学会専門医
    植松 明美 日本麻酔科学会専門医・指導医
    石川 紗希 日本麻酔科学会専門医

    臨床実績については、診療科案内麻酔科へ

 

 

| リンク | プライバシーポリシー 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.