サイトマップ  文字サイズ:
 
     
 

内田 翔 医師:2016-2017内科後期研修《旧制度》

私はさいたま市立病院で内科後期研修医(専攻医)として非常に充実した2年間を過ごさせて頂きました。その研修の内容や、研修を通して感じたことなどをここでお伝えできればと思います。

① 各科ローテート
後期研修医1年目は、志望科に関わらず皆各科をローテートして研修をします。循環器、消化器、呼吸器/神経、血液/膠原病/腎臓/内分泌代謝でそれぞれ3ヶ月間ずつ研修します。どの科においても優秀で教育熱心な指導医からの指導を受けることができ、各科の基本的な知識から専門性の高い診療まで習得することができます。3ヶ月という期間も短すぎず長すぎず、適切であると感じました。志望科がどこであれ、内科医として幅広い知識をつけ、経験を積むことは重要であると思います。もちろん総合内科専門医取得にあたり各科で十分な症例数を経験できます。
後期研修医2年目以降は、各自の志望科によってローテートのスケジュールをある程度自由に組むことができました。

② 総合内科診療
内科後期研修医は皆各科をローテートしながら、1年間を通して常に総合内科の患者を担当することになります。まず総合内科初診外来、救急当番は曜日ごとに各研修医で分担して対応します。自分の当番日に入院した患者は自分が主治医となり、診療にあたります。また休日や夜間に入院した患者は、担当患者数にばらつきが出ないように内科部長が調整し、毎朝各後期研修医に割り振られ、これも主治医となって診ていきます。総合内科に入院する患者の疾患は幅広く、高齢者の肺炎や尿路感染症だけでなく、成人の不明熱や多科に及ぶ管理・治療が必要になる疾患なども含まれ、総合内科医として非常に良い経験になります。

③ 内科当直
月に2回の内科当直があり、救急外来や病棟急変の対応をします。救急外来では救急車、ウォークインどちらも診ます。基本的には2次救急ですが、心筋梗塞や脳梗塞/脳出血などは3次レベルまで対応します。こちらもやはり症例が豊富で、内科主当直として様々な知識・対応・判断が求められ、非常に良い経験になります。教育病院として、初期研修医への教育が重要な場面でもあります。

④ その他
内科以外の科もほぼ全て揃っており、各診療科同士の垣根も低くコンサルテーションしやすい環境で、各科で協力しながら診療を行うことができます。
さいたま市の中心地からは少し離れたところにあり、おだやかな土地柄で、患者さんやコメディカルの方々も非常におだやかで働きやすい環境です。
後期研修医室はきれいでスペースも広く、研修環境も整っています。
浦和駅まで出れば都内へのアクセスも良いので、学会や研修会等にも参加しやすいです。

以上のように、総合内科専門医となるために後期研修を行う施設として、さいたま市立病院は非常に良い環境であると感じました。皆さんも是非、まずは一度見学に来て頂ければと思います。

2014年3月 慶應義塾大学医学部卒業
2014-2015年度 さいたま市立病院 初期研修
2016-2017年度 さいたま市立病院 内科後期研修




 


 

 

| リンク | プライバシーポリシー 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.