サイトマップ  文字サイズ:
 
     


 
薬剤科

■調剤業務
患者さんのお薬を処方せんに基づいて調剤しています。その際、用法・用量等処方せんの内容を確認(処方監査)し、疑問があれば処方医へ問い合わせ(疑義照会)します。
調剤は、錠剤や湿布等を取り揃える 計数調剤 と散剤やシロップ剤等を秤量する 計量調剤 に分かれます。
患者さんにお薬をお渡しするまでに最低2名の薬剤師が関与し、安全にお薬を使用していただけるように努めています。

計数調剤

計量調剤

■製剤業務
製品化されていない医薬品を調製しています。
例えば、妊婦さんが子宮頸管の熟化により早産を引き起こしそうになった時、この熟化を抑えるためにミラクリッド膣坐剤を使用します。ミラクリッドは注射剤では販売されていますが、膣坐剤はありません。こういう特定患者さんのための製剤を特殊製剤といいます。また、病棟で用いる消毒薬の調製を行っています。不特定多数の人が用いるための製剤を一般製剤といいます。
製剤手技を駆使して、 クリーンベンチ で注射剤、点眼剤のような無菌製剤を調製したり、周産期母子医療センターに入院している患者さん(新生児・未熟児)の中心静脈栄養(IVH)等の注射薬を0.01ml単位で 無菌調製 しています。

クリーンベンチ

無菌調製

■薬品管理業務
医薬品の品質管理を中心に、発注、供給、棚卸し等の適正な 医薬品の管理 を主な業務としています。
注射薬、内服薬、外用薬ばかりではなく、レントゲンで使用する造影剤、検査で使用する試薬、医療用具の包帯、人工皮膚といったものも取り扱っています。
薬害エイズ訴訟をきっかけに、「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」のもと、特定生物由来製品(血漿分画製剤:血液の血漿蛋白を分離精製した医薬品)の使用記録を厳重に管理、記録しています。

医薬品の管理

■医薬品情報管理業務
医薬品の効能・効果、服用方法、飲み合わせ(相互作用)、副作用などの情報を管理しています。
主な業務としては、医師、看護師等の医療スタッフからの質問に対応しています。
その他にも病院職員への医薬品情報ニュース(月2回)の発行、薬事委員会(医薬品の採用・削除を審議する委員会)の資料作成、医薬品集の作成から改訂といった医薬品情報に関する全ての業務を行っています。

■薬剤管理指導業務
医療の質が高度化・多様化するにつれて、病院薬剤師による薬剤管理指導業務の重要性が認識されるようになりました。病院薬剤師はその薬学的専門知識を生かして、医療スタッフの一員として診療に参加し、患者さんの臨床薬学上の諸問題に対応することが求められています。
薬剤師は、入院患者さんのベッドサイドに行き、お薬の説明をします。患者さんとの対話の中で、情報を収集し、主治医に報告します。また、患者さんからお薬のことだけでなく、健康食品、食品との飲み合わせ等、いろいろな質問にも対応しています。

■抗がん剤調製業務
抗がん剤調製専用の部屋 に設置してある安全キャビネット内で、調製手技を駆使して無菌的に 抗がん剤(注射薬)の混合 を行っています。

抗がん剤調製専用の部屋

抗がん剤の混合

■学生実務実習教育業務
薬学生の臨床現場での知識・技能・態度を身に付けるための実習を行っています。

■その他の業務
上記の業務に加え、毎週1回糖尿病教室での患者様への指導、さいたま市立高等看護学院での薬理学の講義、研修医・看護師への研修等も行っています。

また、緩和ケアチーム、褥瘡対策委員会、NST、治験管理室、がん薬物療法管理委員会、医療安全管理委員会、院内感染対策委員会、クリニカルパス委員会に参加し、チーム医療の一端を担っていま

平成25年度の業務実績

外来処方せん枚数(院内処方) 5607枚
入院処方せん枚数 55673枚
院内特殊製剤の製造本数 4959本
周産期母子医療センターIVH調製件数 4667件
外来化学療法注射処方せん枚数 2498枚
入院化学療法注射処方せん枚数 1495枚
病棟服薬指導件数 5262枚
注射処方せん枚数 84509枚
実施プロトコール数 4件
治験登録被験者数 6名
     

 

| リンク | プライバシーポリシー |

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.