サイトマップ  文字サイズ:
 
     


 
小児外科

先天性の外科的疾患を中心に専門的な診療を行っています。2001年10月から周産期センターが開設し、産婦人科、新生児科が充実されました。胎児診断、胎児治療、新生児手術に24時間対応した病院設備、スタッフも揃いました。

【年間の手術数は約300例、その特徴について】

1.そけいヘルニアは腹腔鏡(ふくくうきょう)下の根治手術を行っています。創はほとんど残りません。入院は2泊3日です。
※写真は「ヘルニア」の写真です。
左:ヘルニア写真、中央:ヘルニア閉鎖後の写真、右:手術後の写真

2.食道閉鎖、消化管閉鎖、横隔膜ヘルニア、腹壁破裂などの新生児疾患は24時間体制で対応しています。周産期センターでは母体搬送も受け入れています。

3.停留精巣も腹腔鏡を応用して創の残らない精巣固定をしています。

4.胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)は最も重視している疾患のひとつで黄疸消失率95パーセント、長期生存率80パーセントです。必要に応じて慶応義塾大学外科移植班と連携治療を行っています。

5.ヒルシュプルング病は人工肛門造設後に腹腔鏡併用プルスルー法。鎖肛(さこう)は高位、中間位型に皮弁併用仙骨会陰式(ひべんへいようせんこつえいんしき)。機能温存を目指して治療しています。

6.ろうと胸手術は胸腔鏡を併用し、胸の両側に小さな創が残るだけの「ナス法」を行っています。
※写真は「ろうと胸手術」の写真です。 左:手術前、右:手術後
脇にだけ小さな傷が残り、前胸部には創跡が残りません。

7.固形悪性腫瘍は腫瘍全摘出を基本とし、小児科腫瘍班と連携して集学的治療を行っています。

8.泌尿器疾患(包茎(ほうけい)、埋没陰茎(まいぼついんけい)、尿道下裂、水腎症、夜尿症など)も扱っています。

9.交通事故などによる腎臓、肝臓、脾臓、膵臓(すいぞう)等の破裂。消化管内、気管内異物などの救急疾患も受け入れています。

■スタッフ
 科長 吉田 史子
 医長 石濱 秀雄


■ NCDへの参加について
 
     

 

| リンク | プライバシーポリシー |

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.