サイトマップ  文字サイズ:
 
     


 
新生児内科

新生児内科は周産期母子医療センターにおいて、ハイリスク新生児の治療を行うとともに、産科病棟の新生児室の管理を担当しています。当院は埼玉県の周産期医療体制において地域周産期母子医療センターに、日本周産期・新生児医学会の専門医制度基幹施設に認定されています。担当地域はさいたま市内ですが、埼玉県の周産期医療の現状を鑑み、さいたま市に隣接する地域の施設からの搬送も積極的に受け入れています。

■入院診療
周産期センター3階が新生児部門になっています。現在、NICU12床、GCU18床ですが、GCUが満床になった場合は、その後方床として小児病棟内に6-7名まで収容することが可能です。現在建設中の新病院移転時に周産期母子医療センターは小児科とワンフロアとなり、病床数はNICU15床、GCU18床、小児病棟内新生児後方病床8床を予定しています。  NICUでは主に在胎23週以降の早産児、低出生体重児を中心に診療しています。当院には小児外科医が3名おり、小児外科症例にも対応可能です。複雑心奇形など当院で対応できない症例は、主に原則三次医療施設である埼玉県立小児医療センターに搬送しています。


表 主な入院統計( )死亡
項目/年度 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
総入院数 311(3) 321(3) 338(2) 356(2) 336(2) 338(1) 365(3) 493(1)
超低出生体重児 13(1) 13(2) 20(1) 9(0) 14(1) 12(1) 16(1) 24(1)
極低出生体重児 25(1) 37(0) 30(0) 21(1) 19(1) 30(0) 15(1) 18(0)
人工換気症例 63(3) 71(3) 56(2) 43(1) 55(1) 45(0) 70(2) 95(1)
一酸化窒素吸入療法 - 0 2(0) 1(0) 0(0) 2(0) 2(1) 7(0)
多胎児 79(0) 69(0) 82(0) 96(0) 67(0) 64(0) 61(0) 63(0)
染色体異常/奇形症候群 12(2) 6(1) 4(1) 9(2) 9(2) 7(0) 14(1) 5(0)
外科開胸・開腹手術等 11(0) 7(1) 8(1) 11(1) 17(0) 8(0) 8(0) 11(1)
ROP光凝固術光 4 3 6 4 3 2 4 3
新生児・乳児死亡数 3 3 2 2 2 1 3 1
院外出生 51 37 68 60 92 134 93 6
新生児立合い数 320
院外への搬送 6
( )内は死亡数


表2 新生児外科/心臓外科/脳神経外科症例の内訳
在胎(週) 体重(g) 病名 治療
26 390 院内 低出生体重児,消化管穿孔 人工肛門造設術
28 724 院内 超低出生体重児,一絨毛膜二羊膜性双胎,回腸閉鎖,消化管穿孔 人工肛門造設術
28 962 院内 超低出生体重児、動脈管開存症、上大静脈症候群、難治性胸水、難治性浮腫、腎前性腎不全 中心静脈挿入術
35 2266 院内 上部空腸閉鎖,多発小腸閉鎖 回腸切除,端々吻合術
36 2040 院内 先天性空腸狭窄 空腸空腸吻合術
36 2786 院内 先天性水頭症 脳室腹腔シャント術
37 2816 院内 尿膜管遺残 尿膜管切除術
37 2108 院内 18トリソミー 気管切開術
39 2270 院内 ヒルシュスプルング病,ダウン症候群 人工肛門造設術


外来診療

当科の外来診療は下記の通りです。当院で出生した児の1ヶ月健診、シナジス外来、ハイリスク児のフォローアップ外来を行っています。外来は完全予約制です。
(月) (火) (水) (木) (金)
1ヶ月健診(14:00-16:00) - - -
シナジス外来(13:00-14:00)
フォローアップ外来(9:00-11:30)
フォローアップ外来(14:00-16:30)


スタッフ

周産期母子医療センター所長兼新生児内科部長
池田一成(小児科学会専門医、小児科学会認定小児科指導医、慶應義塾大学医学部客員准教授・同非常勤講師、日本周産期・新生児医学会暫定指導医)

科長
大森さゆ(小児科学会専門医、日本周産期・新生児医学会指導医、新生児蘇生法専門コースインストラクター)

医長
市川知則(小児科学会専門医、日本周産期・新生児医学会専門医、チャイルドシート指導員)

医長
三輪雅之(小児科学会専門医、小児科学会認定小児科指導医、日本周産期・新生児医学会指導医)

医長
山田恵 (小児科学会専門医、日本周産期・新生児医学会専門医)

医長
冨永尚宏(小児科学会専門医)

医師
堀江裕子(小児科学会専門医、新生児蘇生法専門コースインストラクター)

医師
関 芳子


教育活動

・慶應義塾大学、埼玉医科大学、杏林大学の医学部学生実習を受け入れた実績があります。実習を希望する全国の医学部学生も大歓迎です。
・当院小児科で後期研修(専修医)を希望する初期研修医の見学も随時受け入れています。
・当院小児科後期研修過程では、3年間の研修期間のうち6ヶ月間(3ヶ月を2回)を当科において新生児研修を行うことになっています。
・日本周産期・新生児医学会が指定する基幹施設ですので、小児科学会専門医取得後のサブスペシャリティーとして新生児専門医を取得することが可能です。

学術活動(平成29年度)

論 文

Ikenoue S, Miyakoshi K, Ishii T, Sato Y, Otani T, Akiba Y, Kasuga Y,Ochiai D, Matsumoto T, Ichihashi Y, Matsuzaki Y, Tachikawa K, MichigamiT, Nishimura G, Ikeda K, Hasegawa T, Tanaka M. (新生児内科)
Cover Image, Volume 176A, Number 1, January 2018.
Am J Med Genet A. 2018 176(1)

Uchida MO, Arimitsu T, Yatabe K, Ikeda K, Takahashi T, Minagawa Y. (新生児内科)
Effect of mother's voice on neonatal respiratory activity and EEG delta
amplitude.
Dev Psychobiol. 2018 Mar;60(2):140-149

Hara K, Ikeda K, Koyama Y, Wada Y, Hasegawa T. (新生児内科)
Serum 25-hydroxyvitamin D3 levels of one-month-old term infants in Tokyo
using liquid chromatography tandem mass spectrometry.
Acta Paediatr. 2018 Mar;107(3):532-533

Ikenoue S, Miyakoshi K, Ishii T, Sato Y, Otani T, Akiba Y, Kasuga Y, Ochiai D, Matsumoto T, Ichihashi Y, Matsuzaki Y, Tachikawa K, Michigami, T, Nishimura G, Ikeda K, Hasegawa T, Tanaka M. (新生児内科)
Discordant fetal phenotype of hypophosphatasia in two siblings.
Am J Med Genet A. 2018 Jan;176(1):171-174

学会発表
Takahiro Tominaga, Sayu Omori, Midori Awazu.
Transient hypertensin in a preterm infant after administration of indomethacin for patent dautus arteriosus
American Society of Nephrology, Kidney Wook 2017, 11.2.2017

三輪雅之、堀江裕子、冨永尚宏、古川律子、市川知則、大森さゆ (新生児内科)
ジアゾキシドにより急性腎不全を発症した早産児例
第168回日本小児科学会埼玉地方会、埼玉県県民健康センター、2017年5月

池田一成、松崎陽平
BCG接種後のコッホ類似現象の頻度と関与する因子
第170回日本小児科学会埼玉地方会、埼玉県県民健康センター、2017年12月

堀江裕子、冨永尚宏、山田 恵、三輪雅之、市川知則、大森さゆ、安康真由香、池ノ上学、矢久保和美、池田一成
チョコレート過剰摂取が原因と推測された動脈管早期閉鎖症の1例
第171回日本小児科学会埼玉地方会、埼玉県県民健康センター、2018年2月

大森さゆ、富田紘史、薄井摩稚子、粟津緑(新生児内科)
短腸症候群による低栄養、成長障害の改善に伴いGFR低下の増悪を認めた超低出生体重児の1例
第52回 日本小児腎臓病学会、東京、2017年6月

三輪雅之、堀江裕子、冨永尚宏、古川律子、市川知則、大森さゆ (新生児内科)
ジアゾキシドにより急性腎不全を発症した早産児例
第53回日本周産期・新生児医学会、横浜市、2017年7月

堀江裕子、冨永尚宏、古川律子、市川知則、大森さゆ (新生児内科)
母体白血病のため妊娠中に化学療法を行った新生児の1例
第169回日本小児科学会埼玉地方会、埼玉県県民健康センター、2017年12月

堀江裕子、冨永尚宏、山田恵、三輪雅之、市川知則、大森さゆ、安康真由香、池ノ上学、矢久保和美、池田一成 (新生児内科)
チョコレート過剰摂取が原因と推測された動脈管早期閉鎖症の1例
第171回日本小児科学会埼玉地方会、埼玉県県民健康センター、2018年2月

高木 虎太郎, 松崎 陽平, 森 麻希子, 有光 威志, 原 香織, 伊藤 淳平, 山田悠司, 嶋 晴子, 嶋田 博之, 池田 一成, 高橋 孝雄(新生児内科)
定期的なAFP測定により肝芽腫を早期に発見できた低出生体重児の2症例 第641回日本小児科学会東京都地方会、東京 2017年12月

原 香織, 池田 一成, 長谷川 奉延(新生児内科)
早産児・正期産児の出生時血清25(OH)D RIAとLC-MS/MSの比較
第63回日本新生児成育医学会学術集会 大宮 2017年10月

細川 真弓, 大森 さゆ, 池田 一成, 市川 知則, 三輪 雅之, 山田 恵, 冨永 尚宏, 堀江 裕子, 久保 雄一, 佐藤 清二(新生児内科、小児科)
正期産新生児における臍帯動脈血液ガス測定によるイオン化カルシウム基準値の検討
第63回日本新生児成育医学会学術集会 大宮 2017年10月

池田 一成, 松崎 陽平(新生児内科)
BCG接種後のコッホ(類似)反応の出現率とそれに関与する因子
日本小児呼吸器学会雑誌 28巻Suppl. Page117

原 香織, 池田 一成, 長谷川 奉延(新生児内科)
生下時の血清25(OH)D濃度は早産児の呼吸障害の予測因子となるか LC-MS/MSによる検討 第50回日本小児呼吸器学会学術集会 東京 2017年11月

篠原 尚美, 皆川 泰代, 有光 威志, 池田 一成, 高橋 孝雄(新生児内科)
早産児の音声・言語処理能力は出生予定日までに正期産児のレベルに到達する
第60回日本小児神経学会学術集会 大阪 2017年6月

大谷 利光, 落合 大吾, 佐藤 佑, 久保 雄一, 秋葉 洋平, 原 香織, 池ノ上 学,春日 義史, 有光 威志, 松崎 陽平, 松本 直, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守(新生児内科、産婦人科)
胎児画像所見から先天性クロール下痢症を疑い、羊水電解質検査を施行した1例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

久保 雄一, 原 香織, 有光 威志, 松崎 陽平, 池田 一成守(新生児内科)
胆管低形成に伴う胆汁うっ滞で肝不全に至った13トリソミー患児の一例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

久保 雄一, 原 香織, 有光 威志, 松崎 陽平, 池田 一成(新生児内科)
原因不明の心室細動により死亡した18トリソミー患児の一例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月
長谷川 慶太, 佐藤 佑, 宮越 敬, 春日 義史, 山田 洋平, 松崎 陽平, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 落合 大吾, 松本 直, 池田 一成, 黒田達夫, 田中 守(新生児内科、産婦人科)
胎児期に卵巣嚢腫との鑑別に苦慮した総排泄腔遺残症の1例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

達夫, 田中 守(新生児内科、産婦人科)
胎児期に卵巣嚢腫との鑑別に苦慮した総排泄腔遺残症の1例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

清水 隆弘, 渕本 康史, 藤野 明浩, 松本 直, 松崎 陽平, 池田 一成, 山田 洋平, 星野 健, 田中 守, 黒田 達夫(新生児内科、産婦人科)
胎児MRIでCongenital pouch colonが示唆された男児の1例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

坂井 みのり, 久保 雄一, 原 香織, 有光 威志, 松崎 陽平, 池田 一成(新生児内科)
末梢挿入型中心静脈カテーテル(PIカテーテル)挿入時にガイドワイヤーのみ断裂した超低出生体重児の一例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

池ノ上 学, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 春日 義史, 落合 大吾,松本 直, 松崎 陽平, 池田 一成, 長谷川 奉延, 田中 守(新生児内科、産婦人科)
臨床像の異なった低ホスファターゼ症の同胞例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

原 香織, 池田 一成, 長谷川 奉延(新生児内科)
早産児のLC-MS/MSによる血清25(OH)D定量的評価 生下時の血清25(OH)D濃度と呼吸障害との関係
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

有光 威志, 内田 真理子, 久保 雄一, 原 香織, 松崎 陽平, 池田 一成(新生児内科)
新生児の母親声に対する脳反応の発達
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月

遠藤 豊英, 松本 直, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 春日 義史, 池ノ上 学, 有光 威志, 落合 大吾, 松崎 陽平, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守(新生児内科、産婦人科)
供血児に頭蓋内出血および腎機能障害を発症し新生児死亡に至ったacute peripartum TTTSの1例
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会、横浜 2017年7月


著 書

大森さゆ(新生児内科)
新生児編 069 貧血 母と子の診断羅針盤 周産期医学 増刊号 楠田聡・他 責任編集、東京:東京医学社.2017年12月

大森さゆ(新生児内科)
新生児編 069 貧血 ちょっと気になる新生児 周産期医学 増刊号 楠田聡・他 責任編集、東京:東京医学社.2017年12月

三輪雅之(新生児内科)
混ぜてはいけない注射薬の組み合せ 小児科診療2018年増刊 小児の治療指針

三輪雅之(新生児内科)
退院から生後1か月までの保護者の不安に答える 尿・便
小児科診療 2018. Vol.81, No3


その他


【講演】 大森 さゆ(新生児内科)
さいたま市立病院周産期母子医療センターNICU/GCUの臨床統計
第3回さいたま市立病院産婦人科地域連絡会、さいたま、2016年12月

【講習会】
大森 さゆ、堀江 裕子 (新生児内科)
新生児蘇生法講習会「専門」コース
2017年7月

     

 

| リンク | プライバシーポリシー |

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.