サイトマップ  文字サイズ:
 
     


 
緩和ケアチーム

緩和ケアとは?
世界保健機関(WHO)は『緩和ケア』について「治癒を目的とした治療に反応しなくなった患者に対する積極的で全人的なケアであり、痛み、その他のコントロール、心理面、社会面、精神面のケアを最優先課題とする」と、定義しています。すなわち、『緩和ケア』とは、単に身体症状のコントロールだけでなく、心のケアも同時に行い、患者のQOL(生活の質)を総合的に高めることを目的とするものです。

緩和ケアチームの主な活動
○からだや心の苦痛症状の緩和(痛みどめなどのお薬の治療、痛みをとめるブロック治療、心の悩みを解決するカウンセリングなど)
○治療が終わられた後の在宅や療養型施設への移行のためのお手伝い(在宅への移行を目的としたリハビリテーション、栄養指導、在宅ケアの支援調整など)
○院内における緩和ケアに関する講習会や勉強会の開催
○定期的なカンファレンスの開催(毎週木曜17時30分より)
○院内電子カルテを活用した診療依頼と支援、患者情報の共有

緩和ケアチームのメンバー

チームリーダー
 仙波純一(総合心療科部長、精神科)

痛みなどのからだの症状を緩和する医師

 窪地 淳(院長、外科)
 忍田純哉(麻酔科部長)
 関根克敏(腫瘍センター)

緩和ケアを担当する看護師

 原 朋子(がん化学療法看護認定看護師、師長)
 川上百里子(緩和ケア認定看護師)
 茂木和子(がん性疼痛看護認定看護師、副師長)

お薬に関する情報提供や調整を担当する薬剤師

 棚山 学
 折原正和(緩和薬物療法認定薬剤師)
 星野裕幸

お食事の工夫や相談を担当する栄養士

 蘆川恵子
 金子規子
 平松直美
 小川綾子

リハビリを担当する理学療法士

 江口 潤(リハビリテーション科主査)
 渡邊雅恵(リハビリテーション主査)

本人、家族からの社会面に関する相談を担当するソーシャルワーカー

 籐賀美枝子(医事課医療相談係、精神保健福祉士、社会福祉士)

     

 

| リンク | プライバシーポリシー |

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.