サイトマップ  文字サイズ:
 
     
 
副院長兼看護部長 小川 裕美子

 さいたま市立病院の看護部は、「看護を必要とする全ての人々を対象に、科学的根拠に基づいた高度な看護実践を通して、患者さんの潜在的治癒力を最大限に引き出し、各人にとって最適な健康状態を生み出すことに努力する。」という理念を掲げています。
これは、当院の看護師が、本来患者さんに備わっている「治ろうとする力」や「生を全うする力」に着目し、その力を最大限に活かせるように看護を計画し実践する中で、患者さんやそのご家族とともに考えながら、患者さんの生活の質的向上を目指すものです。そのために私たちは、新しい知識を獲得して専門職業人としての役割が発揮できるために努力しております。
 看護部では、看護職員一人ひとりが心に描く理想の看護を求めて、生き生きと働き続けられるためのサポート体制の充実を図っています。その一つは、それぞれに合ったキャリア発達の支援です。臨床看護実践家として成長したいという思いに対し、キャリア開発ラダーを用い、自己評価・他者評価を受けながら確実に臨床実践能力の向上につなげていきます。そのために、多彩な院内教育プログラムが設定されており、さらに専門領域を追求したいとする看護師に対しては、認定看護師教育課程へ進学支援も行われています。また新人看護師については看護技術支援者(エルダー)と心の悩み支援者(メンター)が担当することで、臨床実践家としてやキャリア発達が進んでいくよう、支援が行なわれます。
 もう一つは「子育て支援」です。さいたま市は子育て支援都市といわれており、さまざまな取り組みがなされています。当院にも子育て中の看護師がたくさんおりますので、仕事と生活の調和を支援することが重要だと考えており、育児休暇後の職場復帰セミナーや24時間保育室の完備、ワーク・ライフ・バランスの相談などがあります。このような私どもの病院で、私たちとともに働き、「出会い」と「命の尊さ」を大切にした看護実践にchallengeしていきませんか。

 

| リンク | プライバシーポリシー 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.