サイトマップ  文字サイズ:
 
     


 
放射線科

 放射線治療はがん治療における三大治療法の一つです。手術などの外科的治療や化学療法と並んで重要です。放射線治療は、体の外から病巣に放射線を照射し、がん細胞の遺伝子を傷つけることにより、がんやそれに近い疾患の治癒や軽快を目指します。放射線治療科は、手術や抗癌剤治療を行なう診療科と協力し、治療効果が高く、副作用の少ない安全で精確な放射線治療の実施に注力しています。放射線治療は、がんの種類によっては治癒を目指すことのできる治療です。また、比較的進行したがんに対しても、有効な治療を検討することができます。

放射線治療:医療用直線加速器(ライナック)を用いた各種悪性腫瘍に対する放射線治療を施行しています。今後、定位放射線治療、IMRT等の対応も踏まえ、機器の整備とスタッフの充実を図っていきます。院内のみならず院外からのご依頼にも対応しておりますので、その際は当院の病診連携室にお電話をいただき、初診の予約をお願い致します。

川瀬 貴嗣(部長) 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会 放射線治療専門医

西村 修一(医長) 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会 放射線治療専門医

その他 非常勤医師

 

■平成30年度

表1 原発巣別 症例数 
部位症例数
脳・脊髄・頭頸部 18
食道・肺・気管・縦隔 75
乳腺 21
腹部消化器腫瘍 21
婦人科・泌尿器 49
造血器リンパ系 20
皮膚・骨・軟部・その他 4
208
表2 照射対象別 症例数
照射対象部位症例数
原発巣 106
脳転移巣 13
骨転移巣 48
リンパ節転移巣 12
局所再発巣 18
その他 11
不明 0
208
     

 

| リンク | プライバシーポリシー |

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.