サイトマップ  文字サイズ:
 
     


 

≪概要≫
眼科の一般的な疾患に対応しております。高齢化社会の中で、老化に起因する白内障や加齢黄斑変性、緑内障の早期発見・治療に力を入れております。また、他科との連携により糖尿病の合併症である糖尿病網膜症の早期発見・治療も行っております。入院施設を有していますので、緊急で入院加療が必要な重篤なぶどう膜炎や網膜中心動脈閉塞症、重傷な眼球打撲傷などにも対応しております。当院の特徴として新生児集中治療室(NICU)が設置されているため、小児科の先生と連携をとりながら未熟児網膜症の診断と治療も行っております。目の違和感・結膜炎・花粉症・ドライアイなどの通常の眼科診療も行っております。眼鏡処方は行っておりますが、コンタクトレンズ診療は対応しておりません。

≪手術≫
当院では白内障手術(一泊二日)と、翼状片手術、霰粒腫切開術などの外来手術を行っております。また各種レーザー治療も外来で行っております。

≪検査≫
蛍光眼底検査、ゴールドマン視野検査、ハンフリー視野検査、Hess検査、フリッカー検査、網膜電位図、眼底三次元画像解析(OCT)、角膜内皮検査、超音波検査などの各種眼科検査を行っております。

■白内障手術
当院では一泊二日の入院で手術を行っております。手術には単焦点眼内レンズのみを使用しており、多焦点眼内レンズは使用しておりません。手術が必要と診断した後に患者さんと手術の日程を相談して手術日を決定し、手術前の検査や手術の詳細な説明を行います。手術日は火曜日です。。

医長  久保田 俊介 (医学博士・日本眼科学会認定専門医)
医長  久保田 みゆき (医学博士・日本眼科学会認定専門医)
招へい医師 (火曜・木曜) 東京女子医科大学病院眼科所属医師
     

 

| リンク | プライバシーポリシー |

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.