サイトマップ  文字サイズ:
 
     


 
中央検査科

中央検査科は、診断や治療に欠かすことのできない検査データを提供しています。検査は、血液・尿・便・臓器など生体から採取された材料から種々の検査を行う「検体検査」と心電図・脳波・超音波検査などの「生理検査」に大別されます。検体検査は、生化学検査・免疫検査・血液検査・輸血検査・一般検査・細菌検査・病理検査といった部門で構成されています。
1階の採血室では、1日250~350人の採血を専任の看護師・臨床検査技師が実施しています。2階に中央検査科受付があり尿検査・便検査・喀痰検査の受付を行っています。

業務内容

検体検査
「生化学検査」電解質、肝・腎・心機能検査、血糖、HbA1c、薬物濃度など
「免疫検査」ホルモン、腫瘍マーカー、感染症など
「血液検査」血球計数、血液像、骨髄像検査、凝固線溶検査など
「輸血検査」輸血に関する検査(血液型・不規則抗体スクリーニング・交差適合試験)
「一般検査」尿、便、髄液、インフルエンザ等の検査など
「細菌検査」細菌やウイルス等の検査、薬剤感受性検査など

検体検査部門は検査室の中での業務が中心ですが、NST、ICT、SMBGなどのチーム医療へも積極的に参加し、コミュニケーション能力の高い技師を目指しています。
また部門内の業務には全員が携わるよう、人材育成に力を入れ、偏りのない知識・技術を身につけることを目標としています。 当院は二次救急指定病院・がん診療連携拠点病院であり、診療前検査に対応するため、検体が到着してから1時間以内に結果を報告する体制を整え、毎日各種の内部精度管理を厳重に行い、検査結果の前回値チェック・パニック値チェック・異常値チェックなどを実施して、24時間365日正確で迅速な検査データを提供して臨床各科への診療支援を行っています。
また毎年、日本医師会・日本臨床衛生検査技師会・埼玉県医師会などの外部精度管理に参加し、施設間の格差是正にも努めています。

▼自動搬送システム           ▼生化学自動分析器

「病理検査」
病理検査は、患者さんから採取された組織の標本を作製し、顕微鏡下にて観察することにより診断を行っています。病態の把握・治療方針・効果を検討する上で非常に重要な役割を担っています。スタッフは、認定病理専門医、細胞診指導医などの資格を持つ病理医および細胞検査士の資格を持つ臨床検査技師によって構成されており、正確かつ質の高い情報を提供しています。
また、細胞診については、外科乳腺穿刺、気管支擦過、耳鼻科穿刺吸引細胞診等、外来・各科へ出向いた業務にも取り組み、多くの臨床情報をもとにした意見交換を主治医・技師と積極的に行い、細胞診精度向上に繋げています

生理検査
生理検査は、心電図、脳波、筋電図検査のように患者様の身体に電極をつけて行う検査や息を吸ったり吐いたりする肺機能検査、聴力検査、尿素呼気試験、ABI検査等又、超音波を用いて各臓器の形態や組織の変化を調べる超音波(エコー)検査など、直接患者様と接して行う検査部門です。

資格認定技師

細胞検査士 4名   糖尿病療養指導士 1名
認定輸血検査技師 1名   NST専門療法士 2名
認定血液検査技師 2名   認定一般検査技師 1名
認定病理検査技師 1名   2級臨床検査士(微生物) 2名
超音波検査士(消化器) 7名   2級臨床検査士(血液) 1名
超音波検査士(循環器) 6名   2級臨床検査士(免疫血清) 1名
超音波検査士(体表臓器 4名   2級臨床検査士(循環生理) 1名
血管診療技師 1名   2級臨床検査士(病理) 1名
     

 

| リンク | プライバシーポリシー |

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.