平成30年度 さいたま市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1822 465 393 560 691 921 1569 3069 2389 687
 平成30年度のDPC対象の退院患者数は12,566人で高齢化を反映し、70~79歳が最も多く、3,069人となっています。また、当施設の特徴として、周産期母子医療センターを有し、小児医療にも積極的に取り組んでいることから、0~9歳の患者数も1,822人と多く、全体の14.5%を占めている状況です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 228 20.77 20.92 19.74 86.29
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 121 11.84 12.58 4.13 76.63
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 58 9.45 10.62 1.72 76.38
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 47 19.26 19.06 2.13 71.30
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 46 13.20 15.17 6.52 82.98
 地域のかかりつけ医と当院医師が共同で患者さんを管理する開放病床を47床保有し、地域の基幹病院として、常日頃より地域医療のサポートに力を入れています。地域の高齢化に伴い、在宅医療患者、施設入所患者の誤嚥性肺炎、尿路感染症、敗血症、肺炎に対応すべき患者さんが増加しています。また、高齢患者の増加に伴い、骨髄障害を呈する患者さんも増加しており、骨髄異形成症候群として対応しています。当院では地域医療連携の充実を目指し、このような地域のニーズを的確に捉えるとともに、地域の医療機関や施設等と密接に連携しながら患者さんに対応しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 197 2.13 2.67 0.00 68.25
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 114 10.06 10.08 0.88 76.13
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 94 6.91 8.52 0.00 74.40
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 56 6.86 7.75 0.00 64.21
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 49 7.08 8.93 0.00 61.84
 当院消化器内科入院患者は3分の2が緊急入院となっており、その疾患の内訳は①上部下部消化管出血、②胆管炎・胆のう炎、③イレウス、④骨盤腹膜炎(虫垂炎、憩室炎)、⑤感染性腸炎、⑥虚血性腸炎が上位を占めています。
 なお、当院は地域支援内視鏡センターと位置付け、早期胃がん、食道がん、大腸がんの内視鏡治療(ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、EMR(内視鏡的粘膜切除術))を積極的に行い、年々増加傾向にあります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 81 13.86 16.18 27.16 70.90
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 37 6.92 6.24 2.70 71.43
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 32 18.78 18.22 28.13 80.03
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 9.84 7.28 6.25 57.41
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 14.75 16.16 33.33 72.63
 当院はさいたま市内での主たる救急医療機関となっており、当科は神経内科領域の急性期疾患を中心に診療を行っています。このため、当科での入院診療の対象患者さんの約半数は急性期脳梗塞の方です。一言に脳梗塞といっても、重症で後遺症を残す方から一過性の症状(一過性脳虚血発作)の方まで様々で、それぞれに応じた検査や治療が行われ、入院期間も異なります。以上から、当科のDPCの診断群分類では脳梗塞及び、それに関連した群が上位を占めています。脳梗塞以外では、けいれん性疾患、髄膜炎等の中枢神経感染症などの疾患群が入院診療の対象患者数では上位に入っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 230 13.88 17.66 1.74 83.02
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 140 3.35 4.47 0.00 69.40
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 118 3.19 3.01 0.85 69.33
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 66 4.14 5.15 0.00 66.59
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 38 13.05 15.94 0.00 68.21
 当科が対象とする疾患には、心不全、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、不整脈等があります。心不全による入院患者は高齢者が多く、当科では早期退院に向けて心臓リハビリテーションを積極的に行っています。虚血性心疾患の診断、治療方針決定には冠動脈CT、冠動脈造影を行い、必要に応じてカテーテル治療を行います。急性心筋梗塞に対する緊急冠動脈造影・カテーテル治療に24時間対応できる体制がとられています。急性心筋梗塞の再灌流障害(血流再開に伴う心筋障害)を軽減するため、当科ではカテーテル治療の際に乳酸加ポストコンディショニングという治療を行っています。上室性頻拍、心房細動等の不整脈に対しカテーテル心筋焼灼術を行い、徐脈性不整脈に対してはペースメーカー植え込みを行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 249 2.00 2.14 0.00 3.16
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 121 4.35 6.19 0.00 2.01
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 73 3.89 3.83 0.00 1.81
030270xxxxxxxx 上気道炎 68 2.46 4.96 0.00 2.15
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 6.65 6.62 0.00 3.49
 アレルギー疾患患者は確実に増加しています。特に食物アレルギー疾患は右肩上がりに増加しています。原因食物としては、卵、牛乳、小麦が多く、摂取制限が必要な場合はお母さんも患者さんも大変です。幸い、年齢とともに制限は解除され摂取できるようになることが多いのですが、アレルギー症状が強い場合には、食物負荷試験の結果で慎重に解除する、或は経口免疫療法を導入する必要があります。食物負荷試験中にとても強い症状(アナフィラキシーショック)を生じる可能性があるため、1泊2日の入院で検査を安全に実施しています。当科は日本アレルギー学会教育施設に認定されており、アレルギー専門医が丁寧に対応しています。9歳未満の食物負荷試験は診断群分類別患者数には挙がっていませんが、食物負荷試験のために入院する食物アレルギー患者数は急速に増加しており、平成30年度には315名でした。
 感染症(肺炎、気管支炎、胃腸炎、尿路感染症、髄膜炎等)による入院患者数は、予防接種の普及により減少傾向にありますが、流行の状況によっては大きく変動します。平成29年度は、RSウイルスによる下気道感染症(気管支炎、細気管支炎、肺炎)、三カ月未満発熱、ウイルス性胃腸炎による入院患者の増加があり、平成15年度以降では最多の643名となりましたが、平成30年度は518名と平年並みにおちつきました。
 当科に救急車で搬送される小児患者の約半数は発熱に伴うけいれんであり、脳炎・髄膜炎等の疑いが晴れると熱性けいれんと診断されます。熱性けいれんは良性疾患ですが、けいれん時間が長い場合、けいれん後の意識障害が長びく場合は脳炎・髄膜炎の心配があり、入院の上精査し、経過観察することが大切です。けいれんは突然に起こる奇異であるために誰でも慌てます。日本人の熱性けいれん頻度は10%と高いため、エビデンスに基づく指導が大切です。当科では、2015年度版日本小児神経学会”熱性けいれん診療ガイドライン”に沿って診療に当たっています。
 生後3か月未満の子どもの発熱では、約10%に重症の感染症が潜んでおり緊急の対応が必要なため、原則として入院となります。結果として、上気道炎による発熱が殆どですが、結果が出るまでは、尿路感染症、髄膜炎、細菌性関節炎・髄膜炎、敗血症等を考慮した対応が必要です。
 気管支喘息は、気管支の炎症で気管支が収縮し、咳、喘息(ゼーゼー、ヒューヒュー)、呼吸困難を特徴とします。炎症を抑える吸入ステロイド剤、抗アレルギー薬による予防により、重症化する小児喘息は減少しましたが、季節の変わり目には入院する患者さんも少なくありません。当科では、アレルギー専門医がガイドラインに沿って個別に丁寧に対応しています。
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 2.47 6.17 2.41 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 18 2.33 11.32 0.00 0.06
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 17 3.12 8.48 0.00 0.00
140010x297x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし - - - - -
 地域周産期センターとして早産、低出生体重児を中心に診察しているため、入院患児に占める割合は多くなっています。患者数が一見少なそうに見えますが、入院中に一度でもビタミンK予防内服や聴覚スクリーニングなど自費診療があった症例が調査対象から除外されているためです。当院で対応できない先天性心疾患などの症例は主に県内の埼玉医科大学、県立小児医療センターに紹介しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 126 6.02 4.96 0.00 70.82
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 7.61 7.30 0.00 58.11
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 58 5.74 5.49 0.00 37.21
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 16.70 15.30 0.00 71.42
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 18.65 16.49 0.00 71.70
 当科は成人の消化器、末梢血管、乳腺の外科的疾患を診療対象としています。
 当科ではがん診療に積極的に取り組んでおり、入院患者の4割弱が悪性疾患の患者さんです。近年、がんのなかでは結腸、直腸がんが最も多くなっています。当科は外科ですが、手術目的だけではなく化学療法や緩和治療を目的とする入院も少なくありません。また当科は、救急対応も積極的に行っており、急性腹症の患者さんも多く受け入れているため、虫垂炎、胆石発作、胆嚢炎、腸閉塞なども多くなっております。鼠径ヘルニア、虫垂炎は全国的にみても上位に入る症例数となっております。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 5.93 5.50 0.00 73.05
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 37 3.08 2.85 0.00 67.81
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 17 10.94 12.01 0.00 77.18
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患 手術なし 副傷病なし - - - - -
 血管外科では、心臓、胸部大動脈以外の末梢血管疾患の診療を行っています。疾患としては閉塞性動脈硬化症が最多で、高齢化に伴い年々増加傾向にあります。同様に動脈硬化による疾患である腹部大動脈の症例も多くなっています。下肢静脈瘤も多く、患者さんの静脈瘤の程度に応じて最適な治療をご提供しています。血液透析のための内シャント造設なども行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 60 11.22 11.87 0.00 72.15
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 8.77 10.08 0.00 36.86
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 20 2.05 3.43 0.00 79.35
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし - - - - -
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
 呼吸器外科では肺がんの治療が診療の主体を占めています。肺がんは治療法の進歩により、多様な治療法が選択できるようになってきましたが、外科治療が果たす役割も今まで以上に大きいと考えています。当科では、低侵襲な胸腔鏡手術から難易度の高い気管支形成術や化学放射線治療症例に対する手術まで、症例に即した治療を行っています。
 若年者に突然発症する自然気胸は社会生活の中断を余儀なくさせられる疾患です。当科では、的確な診断と迅速な対応、手術を行って早期に社会復帰することを目指しています。
 また、肺がんは、手術単独治療に加え、補助療法が必要となる場合が多く、症例に応じて補助化学療法や術後照射に対応しています。また、再発症例にも積極的に対応しています。
 縦隔腫瘍の治療は切除が根治を目指すために重要です。機能を温存した根治切除を目指しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 171 18.71 26.30 57.89 82.65
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 88 20.25 24.26 5.68 74.59
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 71 3.68 5.68 0.00 41.00
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 61 2.30 2.79 0.00 69.69
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 51 21.43 22.27 11.76 70.55
 整形外科では、骨折などの救急から変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症などの変性疾患を各分野の専門医が治療にあたっています。
 大腿骨近位部骨折は、高齢者にみられる骨折です。受傷後48時間以内に手術を行うことが推奨されており、当院でも90%以上が48時間以内に行われています。また、高齢者は心疾患、肺疾患などの既往を見受けることが多いですが、総合病院の利点を活かして各診療科と連携し対応しています。
 人工膝関節置換術は、当院の人工関節センターのチームドクター4人で行っています。両側同時に行うことが多く、実際には膝関節は136件、股関節は74件行っています。特徴としましては、4人のチームドクターによる手術のため精度の高い手術が行え、また、麻酔科の協力を得て、各種神経ブロックを併用することで術後の疼痛を軽減することと、週6日間リハビリ訓練を行うことで入院期間の短縮に貢献しています。
 肘周辺の骨折では、当院では周産期母子医療センターが併設され、乳幼児期の麻酔、手術に熟達していることから、さいたま市全域から患者さんが搬送され、緊急入院後全身麻酔で手術を行い2泊3日程度と短期間の入院で対応しています。 また、脊柱管狭窄、腰部骨盤、不安定椎に対する手術・処置等も多く行われています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 8.18 9.69 8.20 75.57
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 22.75 18.72 50.00 70.56
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 8.45 7.35 3.03 62.48
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 41.15 21.23 69.23 73.15
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 12.09 7.28 0.00 75.36
 当院脳神経外科は、さいたま市の中核病院として特に救急医療に力を入れており、脳出血など脳血管障害や頭部外傷に対して24時間治療できる体制をとっています。また、脳腫瘍、水頭症、先天奇形など幅広い疾患の治療も行っています。脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍を罹患している患者さんはてんかん発作を起こすことが多く、そのような場合には薬剤を用いた治療を行うことがあります。なお、患者さんの年齢や疾患に応じて、救急科,神経内科、小児科、新生児内科、小児外科、整形外科、耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科など、他科と緊密に連携しながら幅広い診療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 3.73 11.01 0.00 81.93
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - - - - -
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等11あり 手術・処置等21あり - - - - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし - - - - -
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 副傷病なし - - - - -
 当科の対象疾患は冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞など)、心臓弁膜症、大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離など)、不整脈疾患、感染性心内膜炎などです。不整脈疾患では心臓の脈が少なくなってしまう患者さんが非常に多く、このような患者さんに対しては、ペースメーカーの植え込みを行います。心臓弁膜症では、大動脈弁の動脈硬化や僧帽弁の変性で大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症が増加しています。心臓弁膜症では人工弁置換術とともに、脳梗塞の心配の少ない弁修復手術(弁形成術)やメイズ手術を取り入れています。 狭心症や心筋梗塞の患者さんには冠状動脈バイパス手術を行いますが、当院では患者さんへの負担が少ない心拍動下バイパス手術(オフポンプバイパス手術)を積極的に行っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 80 3.11 2.82 0.00 3.13
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 26 3.12 8.26 0.00 2.65
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 24 3.00 4.73 0.00 2.63
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 5.30 5.49 0.00 11.39
11022xxx04xxxx 男性生殖器疾患 包茎手術 18 3.06 3.82 0.00 6.00
 DPCに当てはまる患者さんが提示されており、実数よりはかなり少ない数値となっています。上位3つは鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、陰嚢水腫です。日本の小児外科では、取り扱う疾患の約半数は鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、陰嚢水腫であり、当院でも同様の傾向が認められました。続いて虫垂炎であり、手術を施行した症例が23例でした。近年虫垂炎は保存的治療や待機的治療を行うものが多くなってきております。よって実際の入院数はこれより多くなっています。最後に包茎です。近年包茎は手術をしないという傾向が多いですが、包皮炎を繰り返すものや瘢痕で固くなっているものは手術対象となります。また統計の問題上、反映されておりませんが、停留精巣がこの前後に位置しております。当院では停留精巣は術後長期フォローアップしております。虫垂炎を除くどの疾患も比較的短期の入院(2泊3日)であることが特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 20 4.45 4.05 0.00 38.90
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 20 10.80 12.51 0.00 67.25
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - - - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - - - -
070395xx970xxx 壊死性筋膜炎 手術あり 手術・処置等1なし - - - - -
 当科は特別な疾患の偏りがなく、いろいろな疾患を広く扱うことが特徴です。二位の急性膿皮症は具体的には蜂窩織炎や丹毒であり、外来治療では不十分な症例は入院加療としています。小手術の数も相応に行っていることで、一位、三位は良性腫瘍・悪性腫瘍の摘出術となっており、安静目的の短期入院を組むケースが多く含まれます。また、四位の帯状疱疹は一般的に通年扱う感染症で、これも通院で不十分な症例を入院の適応としていますが、内服薬が改良されて来ており、昔ほど入院を要する必要がなくなってきています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 5.00 5.37 0.00 45.90
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - - - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - - - -
 救急受け入れ対応強化により、顔面損傷・顔面骨骨折の患者数の増加話認めました。今後、第三次救急の開始に伴い、さらなる増加が見込まれます。
 2位以下に関しては、形成外科における一般的な疾患であり、ほぼ横並びに位置しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 101 5.32 7.20 0.99 75.29
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 79 2.16 2.72 0.00 61.73
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 29 2.52 2.53 0.00 71.62
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 27 3.78 5.62 0.00 58.37
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 26 11.31 11.50 0.00 66.77
 患者数のトップは膀胱癌に対する内視鏡手術が圧倒的多数を占めております。
 初回治療のための入院手術症例が多いのが特徴です。また、膀胱癌は再発率が高く、再度同様の内視鏡手術が必要となるケースも多いことも一因と考えております。平均入院期間は5.32日と他施設に比べて短く、一般的なケースでは手術前日に入院し、術後1日目に尿道留置カテーテルを抜去し、同日ないしは翌2日目に退院するスケジュールでクリニカルパスを用いてケアを行っております。平均入院日数が4日超えている理由はがんの大きさが多く、部位が多数の場合にはカテーテル留置が3日間程度となるケースと抗血栓薬治療を行っている患者さんでは、手術前入院日数が5日間程度かかるケースなどが原因と考えられます。2番目、4番目は結石治療の両輪であります。クリニカルパスにてそれぞれ、他施設より短い2日間、3日間で入院期間を設定しており、ほぼその通りに実施できております。3番目の前立腺がん治療は、進行がんの抗がん剤治療やがん末期の緩和ケアが含まれております。5番目には腎がんの手術症例数で、平均入院期間は11.31日となっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 83 5.20 5.75 0.00 33.99
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 55 18.09 19.69 9.09 31.65
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 40 9.68 9.87 0.00 45.40
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 28 6.18 6.28 0.00 36.39
120140xxxxxxxx 流産 28 2.64 2.45 0.00 34.68
 当科は埼玉県の地域周産期母子医療センターとして、さいたま市を中心に合併妊娠、ハイリスク妊娠に対応し外来紹介または24時間体制での母体搬送、入院管理を行っております。
切迫流早産の管理を中心としてさまざまな合併症を有する母体胎児の管理を行っておりますが、最近では妊娠性糖尿病のスクリーニング検査で陽性の妊婦さんも増えており、さらに1次施設からの依頼も含め必要に応じて入院精査を行い栄養指導や、内科併診にてインスリン導入を行っております。
 一方地域基幹病院の産婦人科として婦人科疾患のなかでも特にニーズの高い子宮筋腫・卵巣腫瘍などの治療も積極的に行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 119 2.00 5.39 0.00 74.29
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 95 2.00 2.84 0.00 74.56
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - - - -
 当科では,年間約230例の白内障手術を施行しています。ご高齢で全身合併症を有する患者さんが多いため,ほぼ1泊2日の入院をして頂いておりますが,日帰り手術にも対応させて頂いております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 50 6.68 7.89 0.00 14.30
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 45 4.24 5.43 0.00 43.67
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 31 6.81 7.04 0.00 60.32
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 22 6.27 7.37 0.00 51.23
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 22 2.68 3.17 0.00 5.45
 当科は小児症例が多く、扁桃腺・アデノイド・滲出性中耳炎などの疾患が比較的多くなっています。耳鼻科領域広範囲の手術症例が多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 131 8 21 34 - 62 1 7,8
大腸癌 40 18 79 46 - 57 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 7,8
肺癌 41 15 36 45 - 79 1 7,8
肝癌 - - - - - 33 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃がんについて
 早期胃がんに対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)は90例と積極的に取り組んでおり、食道がんのESDも増加し、15例行っています。医師会との地域医療連携により早期食道がん症例の紹介数も増加しています。(消化器内科)
 胃がんはStageⅠが最も多く、このStageⅠのうち8割程度が内視鏡的粘膜切除で治療され、2割程度が胃切除術となっています。StageⅠの胃切除術の多くは腹腔鏡下に施行しています。StageⅡ~Ⅳに対する胃切除術は開腹下に施行しています。StageⅣで切除適応のない場合は化学療法を施行しており、このうち化学療法が奏功して根治手術可能となった例もあります。(外科)

大腸がんについて
 早期大腸がんの内視鏡治療(ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、EMR(内視鏡的粘膜切除術))も増加傾向にあり、mがん(がんが粘膜内にとどまり、粘膜下層に及んでいないもの)47例、smがん(がんが粘膜下層にとどまり、固有筋層に及んでいないもの)18例でした。ESDは30例で、サイズ、部位において治療困難例にも積極的に治療を行っています。(消化器内科)
 大腸がんは、Stage0に対しては内視鏡治療がほとんどですが、StageⅠ~Ⅳに対しては切除手術が行われています。大腸癌手術の約半数は腹腔鏡下に施行されています。StageⅣに対しては術前化学療法を積極的に施行しています。近年化学療法の有効性が進歩し、術前化学療法によりがん病巣の縮小が得られて根治手術が可能になる例も少なくありません。再発例に対しても、肝臓や肺の転移も積極的に切除しており生存期間の延長が得られています。(外科)

乳がんについて
 Stage0~Ⅲに対しては手術を行い、StageⅣに対しては薬物療法を中心に行っています。手術術式は、腫瘍の大きさ・部位・患者さんの希望を考慮して、乳房温存術または乳房切除術を選択しています。臨床的に腋窩リンパ節転移を認めない場合には、センチネルリンパ節生検を行い、転移陽性例では腋窩リンパ節郭清を行っています。乳房温存術例には術後に温存乳房照射を行っています。術前・術後の薬物療法はStage・サブタイプ・患者さんの希望を考慮して治療内容を決定しています。(外科)

肺がんについて
 肺がんは早期の診断がつきにくく、全国がん死亡数の第1位になっています。当院でも手術困難なStageⅢ・Ⅳが最多となっています。日常生活における予防として、当院では禁煙支援にも力を入れています。(呼吸器内科)
 当院では、年間約400名弱の肺がんの患者さんの診療を行っています。そのうち初発の患者さんは約半数の217人でした。肺がん診療ガイドラインに遵じて、患者さん一人一人の状態を見極めて治療法を選択しています。肺がんは初期治療が奏功しても再発が多い疾患です。再発症例に対しても治療法(化学療法、免疫治療、放射線治療、手術、内視鏡治療)を駆使して対応しています。(呼吸器外科)

肝がんについて
 腹部エコーUS、造影エコー・CTを定期的に行い早期発見に努め、切除不能症例に対してTACE(肝動脈化学塞栓術)、RFA(ラジオ波焼灼術)を行っています。市内の開業医の先生から紹介いただく高齢者の症例が多くなっています。(消化器内科)
 肝がんには原発性肝がんと転移性肝がんがあります。原発性肝がんのほとんどは肝細胞がんです。肝細胞がんでは普通StageⅠかⅡが手術対象となりますが、肝細胞がん例は背景肝の肝機能が不良のことが多く、実際に手術適応となる例は多くはありません。一方、転移性肝がんは背景肝の肝機能は良好で、積極的に肝切除を行っています。特に近年は大腸がんの肝転移例が多く、化学療法と組み合わせつつ複数回の肝切除を施行することにより、長期生存例も得られています。(外科)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 32 10.81 57.81
中等症 150 14.11 77.36
重症 52 18.35 84.96
超重症 17 34.24 74.41
不明 - - -
 日本人の死因第5位である肺炎は、今後も人口の高齢化に伴い増加することが予想されます。当院での成人市中肺炎入院患者の平均年齢を見ても、重症度が高いほど高齢となっています。日常生活における予防も大切であり、特に当院呼吸器内科では禁煙支援にも力を入れています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 275 21.02 75.81 34.22
その他 26 20.92 78.58 3.99
 当院では、脳梗塞急性期診療に力を入れており、診療症例数は年間で300名前後になります。発症4.5時間以内の血栓溶解療法(rt-PA静注療法)も行っており、24時間365日体制で対応しています。脳梗塞は発症早期に適切な治療を受けることが重要です。急に片側の手足が動かなくなった、しびれが出現した、呂律が回らなくなった、ものが二重に見える、激しいめまいが続く、などの症状がある場合は速やかに受診してください。(神経内科)
  当院では、脳梗塞に対する薬物治療を神経内科が担当しています。一方、脳梗塞の治療における手術あるいは脳血管内治療を脳神経外科が担当しています。具体的な治療内容として、心原性脳塞栓症に対する急性期血行再建術、頚部頚動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術や頚動脈内膜剥離術、内頚動脈や中大脳動脈の狭窄症に対する直接的血行再建術などがあります。(脳神経外科)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 16 10.56 19.81 0.00 83.44
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 30.70 16.80 30.00 76.50
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
 内科で入院した患者さんが手術となった場合、原則として手術を担当する科に転科して対応いただくことになりますが、たまたま転科せずに手術となったケースがリストアップされています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 205 0.54 1.66 0.00 69.54
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 92 0.59 5.38 0.00 74.04
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 76 2.55 9.45 2.63 75.62
K654 内視鏡的消化管止血術 66 0.47 7.56 1.52 70.52
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 32 0.50 1.28 0.00 64.88
 当院消化器内科では緊急内視鏡は、24時間365日常に対応可能な体制をとっています。平成30年度は上部消化管内視鏡は年間3159例、下部消化管内視鏡2,066例行い、検査件数も多くなってきています。消化管出血に対する緊急内視鏡件数は上部235例、下部87例で、手術に移行した症例はこの数年間認めていません。平成30年度早期胃がんに対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)90例、食道がんのESD15例、内視鏡的大腸ポリープ切除術は年間ESD30例、EMR(内視鏡的粘膜切除術)905例です。早期大腸がんの内視鏡治療(ESD、EMR)も増加傾向にあります。
 ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影)は年間326例で、ほとんどが治療目的の内視鏡です。胆管ステント、胆管ドレナージを多数行っていますが、半数以上が緊急治療です。重症胆管炎症例に24時間365日緊急で内視鏡治療を行える体制が整えられており、術後再建腸管の胆道ドレナージも年間30例で積極的に行っています。平成30年度の内視鏡的胆管ステント留置術EBSは97例、内視鏡的金属ステント留置術は23例、内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術は19例、内視鏡的膵管ステント留置術は24例、内視鏡的経鼻膵管ドレナージ術は4例に行いました。 超音波内視鏡穿刺吸引術(EUS-FNA)による膵腫瘤、消化管粘膜下腫瘍などの病理診断も行っており診療の質向上に寄与しています。重症急性膵炎後の局所合併症である仮性膵嚢胞に対してEUS(超音波内視鏡検査)として重症急性膵炎後感染性膵壊死(WON)に対する内視鏡的ネクロゼクトミー術や閉塞性黄疸に対する超音波内視鏡下胆道ドレナージも行い、治療に成功しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 113 2.22 1.94 0.88 69.81
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 52 1.87 2.48 0.00 68.67
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 39 0.08 8.56 2.56 69.13
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 37 0.41 10.11 0.00 70.81
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 32 4.72 7.53 3.13 79.00
 狭心症に対しては待機的に経皮的冠動脈ステント留置術を行い、不安定狭心症、急性心筋梗塞に対しては緊急で経皮的冠動脈ステント留置術を行います。待機的に行う経皮的冠動脈ステント留置術は橈骨動脈(手首の動脈)から行うことが多く、3日間程度で退院できます。完全房室ブロック、洞不全症候群等の徐脈性不整脈にはペースメーカー移植術を行います。上室性頻拍、心房細動等の不整脈に対してはカテーテル心筋焼灼術を行います。
新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 23 0.00 2.00 0.00 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
 ハイリスク妊娠の分娩立ち会いが多く、このため新生児仮死蘇生術が上位になっています。診断群分類別患者数等のデータに対する解説と同様、入院中に一度でもビタミンK予防内服や聴覚スクリーニングなど自費診療があった症例は調査対象から除外された上での数値です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 109 1.68 3.58 0.00 72.19
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 94 2.31 5.04 0.00 58.52
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 60 0.78 4.83 0.00 38.48
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 39 4.49 15.92 0.00 75.03
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 33 7.39 16.67 3.03 66.97
 当科の手術で多いのは、表のごとく鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下虫垂切除術ですが、その次に多いのは大腸癌手術です。当科の手術の約3割が悪性疾患(主にがん)に対する手術で、上部消化管、下部消化管、肝胆膵、乳腺それぞれの領域を専門とする外科医が手術を担当しています。大腸がん手術の半数、胃がん手術の3分の1は腹腔鏡下に行っています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 43 1.33 4.40 0.00 73.72
K617-2 大伏在静脈抜去術 26 1.00 1.00 0.00 66.54
K5612ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈) 15 3.07 6.73 0.00 77.33
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - -
 血管外科の手術では、下肢動脈疾患に対するバイパス手術、カテーテル治療が最多です。腹部大動脈瘤に対する開腹しないで行えるステントグラフト留置なども多数行っています。下肢静脈瘤手術も多く、従来のストリッピング手術に加えて日帰りのレーザー治療も行っています。緊急手術も積極的に行っております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 37 5.22 3.57 2.70 37.86
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 24 3.54 6.79 0.00 71.96
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 13 4.23 7.15 0.00 73.15
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
 当院の呼吸器外科では肺悪性腫瘍手術(肺がんと転移性肺腫瘍の手術)が全体の呼吸器外科手術の約35%を占めています。術前の準備を外来で済ませておくことにより、入院期間を短縮するよう努力しています。低侵襲の手術(胸腔鏡下手術)を行うことで、術後の回復も早く、肺がんの手術では胸腔鏡下の手術が可能な場合は、術後6~7日で退院が可能です。ロボット支援手術を取り入れ、低侵襲手術の選択肢が広がっています。自然気胸の場合、術後2日での退院が基本です。社会復帰も術後約1週間で可能となります。続発英気胸、難治性気胸の場合には術前の評価や、処置を行う必要がある症例もあり、入院気管が長くなる傾向があります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 152 2.34 17.55 7.24 72.10
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 124 1.62 13.26 53.23 75.43
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 86 1.70 4.40 18.60 46.28
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 66 3.32 15.83 54.55 83.11
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 54 2.94 14.76 12.96 70.04
 年間総手術件数は、毎年1200~1300件で推移しています。特にその中でも人工関節手術を専門医(膝関節2人、股関節2人)4名で積極的に行っております。また、両側同時に行うことが多く、実際には膝関節は136件、股関節は74件行っています。小皮膚切開で行うため入院期間も10日~2週間で自宅に退院となっています。大腿骨頸部骨折手術も多く行っていますが、術後早期に自宅ではなく回復期リハビリ病棟や療養施設に転院されています。
 最後に、当院では脊椎手術を積極的に行っており、専門医2人で年間200件以上行い、特に小侵襲(カメラや透視を使って小さい皮膚切開での手術)を中心に行い、入院期間の短縮、早期社会復帰の支援に努めいています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 54 0.33 7.35 9.26 77.69
K1781 脳血管内手術(1箇所) 12 1.33 23.33 16.67 67.00
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 11 3.73 49.82 72.73 62.91
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
 現在、当院の年間手術数は140-160前後です。手術数が最も多いのは慢性硬膜下血腫に対する穿頭血腫ドレナージ術で、年間40-50件程度です。その次に多いのはくも膜下出血で搬送された患者さんに対する開頭クリッピング術や脳血管内治療で、年間それぞれ10件前後あります。脳腫瘍に対する手術は、年間10-15例程度です。脳腫瘍は発生部位により手術の難易度が大きく変わります。難易度の高い脳腫瘍の手術を行う場合、近隣の大学病院などの医師の支援をいただきながら、ナビゲーション、神経内視鏡、電気生理学的モニターなどの機器を用いてなるべく合併症を起こさないように工夫しています。脳出血に対する血腫除去術や頸動脈ステント留置術は年間10例程度行っています。また当院は、新生児内科、小児科、小児外科と連携しながら小児の手術も年間数例行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 15 1.00 1.73 0.00 81.93
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 13 6.23 13.08 0.00 71.08
K5551 弁置換術(1弁) 10 5.40 32.60 10.00 72.40
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5612イ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈) - - - - -
 平均寿命の延びや医療の進歩に伴い、昨今の心臓血管外科は高齢化や動脈硬化との戦いといった様相を呈しています。不整脈疾患では心臓の脈が少なくなってしまう患者さんが非常に多く、このような患者さんに対しては、ペースメーカーの植え込みを行います。心臓の血管の動脈硬化では狭心症や心筋梗塞が生じます。このような患者さんには冠状動脈バイパス手術を行いますが、当院では患者さんへの負担が少ない心拍動下バイパス手術(オフポンプバイパス手術)を積極的に行っています。大動脈弁の動脈硬化や僧帽弁の変性で大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症が増加しています。心臓弁膜症では人工弁置換術とともに、脳梗塞の心配の少ない弁修復手術(弁形成術)やメイズ手術を取り入れています。高齢の大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離など)では手術が難しいことも多く、侵襲が小さく安全性の高い、カテーテルで血管の中に人口血管を挿入するステントグラフト治療を積極的に行っています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 111 1.11 1.06 0.00 3.10
K6333 臍ヘルニア手術 26 1.12 1.00 0.00 2.69
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 21 0.86 3.24 0.00 11.19
K8282 包茎手術(環状切除術) 17 1.06 1.00 0.00 6.29
K836 停留精巣固定術 - - - - -
 診断群分類別患者数と順位に関して大きな変化はありません。最も多いのは鼠径ヘルニア(精索水腫、陰嚢水腫を含む)手術111例です。小児は全身麻酔下であり、当院の特長としましては1998年より腹腔鏡下手術を開始しており、現在ほぼ全例腹腔鏡下手術です。臍ヘルニア手術は26例でした。腹腔鏡下虫垂切除術は上記診断群分類別患者数で記載した理由より、虫垂周囲膿瘍を伴わないものが多く21例でした。虫垂周囲の膿瘍を伴わない軽度の炎症であれば術後3日ほど、膿瘍を伴う高度の炎症の症例では7-10日ほどで退院となっております。包茎手術は通常2泊3日、精巣固定術も同様に2泊3日入院です。精巣固定術は通常当院では腹腔鏡下で施行されておりますが、鼠径ヘルニアを一緒に治療しているものが大多数で、統計の都合上それらが省かれ、経陰嚢的精巣固定術の値となっております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
 皮膚腫瘍の摘出は当科の手術の基本であり、悪性・良性にかかわらず、摘出したものは病理学的に検討し、診断をつけるとともに取り切れているか否かを確認します。悪性腫瘍は基底細胞癌・有棘細胞癌・悪性黒色腫などです。皮膚腫瘍の摘出は多くは通院治療ですが、麻酔方法や術後の安静度の必要性で入院(多くは数泊の短期入院)を臨機応変に組んでいます。また、皮膚科は創傷も扱いますので、急性感染症や皮膚腫瘍などの不要な組織を取り除くデブリードマン、潰瘍に対しての仕上げとして植皮術なども行います。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 110 2.20 3.64 0.91 75.42
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 78 0.17 1.00 0.00 61.74
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 42 1.14 5.43 0.00 73.98
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24 1.83 1.04 0.00 57.00
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 24 2.00 3.96 0.00 71.83
 手術件数では、昨年同様1番は膀胱がん内視鏡手術、2番は体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、3番 水腎症手術治療としての経尿道的尿管ステント留置術と同様でした。
 1番目は、膀胱がん内視鏡手術で術後4日目での退院が平均です。2番目のESWLは外来施行例が約2割を占めており、必ずしも入院を必要としません。入院した場合でも今回の統計が示すように平均入院期間は1.17日間で、入院当日治療、翌日退院というクリニカルパスを用いての診療を行っております。3番目はWJステント留置です。結石性腎盂腎炎にて緊急手術となった件数が25件と半数以上を占めております。4番目は内視鏡的結石治療であり、結石治療においてESWLとの両輪として多数行なっております。5番目の前立腺肥大症内視鏡手術ではサイズの大きな症例については最新治療として経尿道的前立腺腺腫核出術(TUEB)を行っております。
 前立腺がん手術は昨年17例と減少いたしましたが、昨年11月よりロボット支援手術の導入となり、今年は7月までで22例と大幅に増加しております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 46 2.22 8.50 0.00 48.04
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 43 0.88 4.49 0.00 36.05
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 36 12.14 7.33 0.00 32.67
K867 子宮頸部(腟部)切除術 27 0.89 1.33 0.00 37.81
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの) 19 0.68 0.95 0.00 34.05
 当院はがん診療連携拠点病院および救急指定医療機関であり、病診連携を積極的に推進しています。そのような中で地域のかかりつけ医と緊密な連携を持ち、多くの患者さんの紹介や搬送を受けております。悪性・良性を問わず幅広く手術も行っておりますが、その中で子宮全摘術、腹腔鏡下または開腹下での付属器手術、CINに対する円錐切除術が上位にランクされております。
 当科は地域周産期母子医療センタ―としての機能を維持しつつも、地域の中核病院として多くの手術を要する患者さんを受け入れております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 214 0.00 1.00 0.00 74.41
 当科では,年間約230例の白内障手術を施行しています。ご高齢で全身合併症を有する患者さんが多いため,ほぼ1泊2日の入院をして頂いておりますが,日帰り手術にも対応させて頂いております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 84 2.17 4.05 0.00 15.85
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24 1.88 4.42 0.00 61.54
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 22 1.73 0.14 0.00 5.59
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 18 0.11 3.67 0.00 43.11
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの) - - - - -
 小児症例が多いため扁桃・鼓膜の手術が多くなっています。また副鼻腔手術が多い傾向にあります。特定の疾患に偏らず耳、鼻、咽頭全体的に手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 17 0.14
180010 敗血症 同一 46 0.37
異なる 40 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 60 0.48
異なる 11 0.09
 DICについては、平成26年度以降DICの原因と考えられる基礎疾患を明確にし、厚生労働省DIC基準や急性期DIC診断基準(日本救急医学会DIC特別委員会)によるDICスコアを確認し、診断を確定しています。これに基づいてDICと診断された平成30年度の症例は、計19例となっています。その内、入院後重症症例に併発した症例が17例となっています。
 敗血症症例では、約2分の1の症例において入院時から診断されており、入院後に発症した症例も約2分の1を占めている状況でした。
 手術・処置等の合併症は、全症例の約0.6%に発生が認められています。
更新履歴