サイトマップ  文字サイズ:
 
     
 

平成29年7月16日開催の
「レジナビフェア2017東京」に参加しました

当院からは10名の研修医・指導医が参加しました。狭いブースではありますが、参加者の学生さんもこちらの話を真剣に聞いてくださいました。たくさんのご来場ありがとうございました。
当院のブースに来ていただいた方、ブースが小さくて見つけられなかった方等々いらっしゃるかと思いますが、埼玉県の病院、さいたま市の病院、そして当院に少しでも興味がある方は見学なども随時受付しておりますので是非ご連絡ください!

■個別病院見学・病院説明会のご案内

1. 開催日 ○個別病院見学
随時受付けております。
学年を問わず、お気軽にお申込みください。

○病院説明会
医学部4・5年生で当院での病院見学が初めての方を対象にした説明会を開催します。

2. 内容 臨床研修プログラム概要説明、院内見学及び研修医との意見交換等
3. ダウンロード ○個別病院見学ご希望の方
個別病院見学申込書(Excel)
○病院説明会ご希望の方
病院説明会申込書(Excel)
4. 申込方法 希望日の一週間前までに、庶務課へメールにて「個別病院見学申込書」もしくは「病院説明会申込書」を添付してお送りください。Excelを利用できない方は、下記内容をメールに記載してお送りください。
 ①名前
 ②ふりがな
 ③性別
 ④大学名と学年
 ⑤携帯電話番号
 ⑥メールアドレス
 ⑦出身地
 ⑧見学希望日(第1~第3希望)
 ⑨見学希望診療科(複数科可)
 ⑩特に見学したいこと
庶務課Emailアドレス:hsp-jimukyoku-shomu@city.saitama.lg.jp
なお、メールを利用できない方は、御電話で御申込ください。
(御電話でのお申込は、月~金曜日にお願いいたします。)
5. 持ち物 筆記用具、白衣、名札
6. アクセス さいたま市立病院までのアクセス
 

■見学に際して~各診療科より~

内科
(総合内科)
さいたま市立病院では副院長、内科部長を中心として平成26年度より総合内科を立ち上げました。入院患者さんの高齢化に伴い、複数の問題を抱えている症例(心不全、腎不全、陳旧性脳梗塞がある人の肺炎など)、判断がつきにくい症例(高齢者の不明熱など)が年々増加しており、各診療科を横断的に管理し病気を抱えながらも社会生活をおくれるように退院支援をしていく必要性がふえつつあるためです。総合内科として扱っている患者さんは年間約800例ですが、主治医は若手専修医から卒後15年前後までの各専門医が分担して担当し、医師一人一人の受け持ち患者数が増えすぎないようにして常時30~40名の入院患者さんを診療していることも特徴です。症例は高齢者の感染症が中心となりますが、各科専修医を交えた総合内科カンファレンスを水曜日の夕方に行い、特に若手専修医の症例を中心に活発な議論がなされています。一筋縄ではいかない管理や内科診断の妙味が味わえる症例もありますので、是非見学にいらしてください。
内科
(循環器)
毎朝8:00から8:30のデイリーカンファレンスでは研修医もショートプレゼンテーションを行っており、入院患者さんの臨床経過を報告しています。月曜日17時からは研修医が活躍する新入院カンファレンスがあり、一例一例詳細にディスカッションがなされます。抄読会は毎週水曜日朝に行っています。日中はベッドサイドティーチングを中心に研修医指導を行っていますので、いつでも見学にいらしてください。
内科
(消化器)
研修医の指導は上級医がマンツーマンで指導にあたります。救急患者が多く症例が豊富で急性腹症をはじめとする多くの疾患を経験できます。救急患者の対応ができるように指導します。腹部エコーは超音波指導医が直接マンツーマンで指導し6週間の研修中に約100症例を経験できますのでスクリーニングの技術は必ず身につけられる様になります。内視鏡検査、PTCDなど常に行っていますので是非見学に来てください。
内科
(呼吸器)
火曜日17時からは新入院カンファレンスが行われ、研修医が症例提示を行います。水曜日13時半からは呼吸器外科とともに気管支鏡検査を行います。金曜日の朝7時半からはモーニングレクチャーを行っています。見学はいつでも可能ですが、とくに水曜日の午後に来られることをお勧めしております。
内科
(血液)
学生が主に係わることになる病棟では白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液腫瘍に対する抗がん剤療法を主に行っており症例は豊富です。毎週木曜日の11時頃に研修医向けクルズスを行っています。木曜日の午後には中心静脈カテーテル留置などの手技をまとめて行っています。骨髄穿刺/生検は適宜施行していますが、外来では主に月曜日の午後にまとめて行っています。金曜日(開始時間は流動的)は血液カンファで症例の検討が行われています。
内科
(糖尿病・
 内分泌)
入院中の糖尿病患者さんを対象に毎週火曜日10時と金曜日14時に医師による糖尿病教室、火曜日14時に栄養指導を実施するほか看護師や薬剤師、検査技師など多職種が指導しています。隔週木曜日13時30分からはコメディカルを含めて糖尿病カンファレンスがあり、また一般内科全体として毎週水曜日17時30分から病棟新入院カンファレンスや抄読会があります。教育入院のみならず急性代謝失調での緊急入院や、産科、外科領域をはじめ各科の併診もあり、豊富な症例が揃っていますので是非見にいらしてください。
神経内科 科では、月曜日と金曜日に病棟カンファレンスを行っています。その他に、他部門とのカンファレンスがあります。見学の際には、研修医とともに病棟での様々な業務や救急外来での急患の初期対応にあたってもらいます。また、この間に、当院当科の特徴や対応できる症例など、さらに院内の各種設備や機器の紹介もしたいと思います。
外科 外科では月曜から金曜日まで毎日手術を行っています。消化器内科、放射線科との合同カンファレンスを月曜日に、外科の術前、術後カンファレンスを水曜日の夕方に行っています。通常、見学の場合は午前中病棟見学、手術見学(手洗い)をしていただき、午後から当院の前期、後期研修医から説明をさせていただきます。見学は随時受け付けておりますのでご連絡ください。
小児科 小児病棟は計47床あり、主に小児内科・小児外科の患者が入院しています。新生児患者は別棟NICU・GCUに入院していますが、小児科を見学する学生には殆どの場合新生児内科も回って頂いております。両科の都合上、金曜日以外でしたらいつでも見学可能ですので少しでも興味があれば是非お越しください。
産婦人科 地域周産期センターが併設されており母体搬送での入院も多く、ハイリスク妊娠の管理、胎児診断を行っています。周産期症例は多岐にわたります。婦人科の症例も豊富です。
また、毎週月曜夕方より新生児内科との周産期カンファレンス、水曜朝は産婦人科カンファレンスを行い、情報の共有をはかっています。
ぜひ見学にいらしてください。
救急科 救急科は常時、2~3名の研修医(1年2年)がローテーションしています。
当院は二次救急病院に区分され、当救急科はER型を取り入れています。
救急搬送された患者さんで軽症の患者さんについては初期診断して救急科の上級医に相談して診療に当たっている研修医の姿を見ることができます。
専門治療が必要な患者さんについては各科上級医について来るローテーションしている研修医の姿を見ることができます。
忙しいときは見学だけになってしまう事もあると思いますが、是非見学に来てみてください。




上記以外の診療科についても病院見学を受け付けておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。


| リンク | プライバシーポリシー 

copylight Saitama City Hospital.All Rights Reserved.